あなたがビデオ制作エージェンシーのクライアントであろうと、あなた自身がビデオ制作サービスに従事していようと、あなたは今後のビデオマーケティングのトレンドを常に把握したいと思うでしょう。 毎年、ビデオマーケティング業界は、特定のドリフトと流行にさらされています。

これらのトレンドのいくつかは業界にその痕跡を残し、ビデオ制作とマーケティングがビデオエージェンシーによって実行される方法を永遠に変えますが、他のトレンドはそれほど強い印象を与えることができません。 いずれにせよ、これらの傾向に遅れないようにするのが賢明です。 結局のところ、ビデオ制作会社として、あなたは知識が少なく、クライアントにとって業界と調和しているように見えたくないのです。

他の場合では、あなたがたまたまクライアントであるならば、あなたはあなたのサービスにあなたのブランドを売り込むために最新のビデオマーケティングトレンドを採用するためにあなたのサービスにビデオ制作エージェンシーを持たせたいでしょう。 最新のトレンドを取り入れることができないと、利益を上げるのに悪影響を及ぼし、業界の同業者がビデオサービスの行進を盗む可能性があります。 では、2020年のビデオ制作スペースで期待できる新たなパターンは何でしょうか。 確認してみましょう -

ビデオポッドキャスト –ビデオポッドキャストはかなり前から存在しています。 ただし、2019年以降、徐々に勢いを増しています。ビデオポッドキャストまたはビデオキャストは、時々呼ばれるように、単にビデオに記録されたラジオ番組/ポッドキャストです。 ビデオの媒体は、聴衆が彼らが聞いていた声とよりよくつながることを可能にします。 彼らは今、彼らが聴衆を演じてきた人々を見ることができます。 ビデオポッドキャストは、マーケティングのトレンドとして、2020年にさらに目立つようになると予想されています。

企業のためのVloging –アーティストやインフルエンサーは、長い間視聴者との絆を深めるためにVlogをかけ続けており、企業もこの船に参加しています。 ブランドや企業がVlogの演習に参加すると、舞台裏のコンテンツを表示し、顧客との人道的なつながりを確立することができます。 ブランドは、これを修正しようとしている非人称的でVlogのセットとして出くわすことがよくあります。 また、Vlogは、今後の製品発売、会社のイベント、イニシアチブなどについて顧客に最新情報を提供することができます。

360度ビデオ – 360度ビデオを使用すると、ビデオ制作会社は、コンテンツが撮影されている周囲の360度のビューを視聴者に提示できます。 これらのビデオは、美しい場所の没入型ビューを提供するのに特に役立ちます。 旅行会社と観光ブランドは、来年より人気が高まると予想されるこのビデオマーケティングのトレンドから最も恩恵を受けるでしょう。

UGCまたはユーザー生成コンテンツ –ブランドと企業は、マーケティングと販売を改善するために製品/サービスのレビューに依存しています。 幸せな顧客がこれらのブランドが提供する製品/サービスを使用して自分のビデオを共有し、ソーシャルメディアでそれから利益を得たかどうか、そしてどのように利益を得たかについて話し合うとき、それは会社の信頼性を高めます。 2019年には、多くの企業がUSGの増加をマーケ​​ティング慣行に取り入れようとしました。 コンテストが開催され、そのようなビデオを送った顧客に報酬が授与されました。

データ収集アプローチの採用 –企業と彼らが彼らのためにビデオマーケティングコンテンツを開発するために委託するビデオ制作サービスは、万能の一般的なビデオ制作がもはや彼らに利益をもたらさないという現実にゆっくりと目覚めています。 これらのビデオサービスプロバイダーが関連データを収集して分析し、彼らが最もよく反応すると思われる人口のセクションにビデオを集中させると、より良い利益を得ることができます。 伝えられるメッセージとビデオコンテンツがリリースされる時間も、このようなデータ固有のビデオマーケティングでは非常に重要です。 2020年には、多くの企業が通常のビデオ制作アプローチから逸脱して、取り組みをローカライズすることになります。

上記で説明したのは、ビデオ制作サービスが関与しようとするビデオマーケティングのトレンドのほんの一握りです。他にもたくさんあります。 ただし、あなたまたはあなたのビデオエージェンシーがあなたの収入を最大化したい場合は、上記で共有されたこれらの今後のビデオマーケティングの傾向についてもっと読むことを検討する必要があります。

おそらく、必要な予算を割り当てて、2020年のビデオマーケティングイニシアチブのためにこれらの傾向を実践することができます。 すべての業界の仲間が新しいテクノロジーと戦術の可能性を認識し始めた今、時代遅れのビデオマーケティング慣行にとらわれたくないですか?